第2回CLDA受賞作品

入選

彩五徳

何も置かれていないキッチンのコンロには無機質さがあり、寂しさを感じていた。機能的で美しい五徳がキッチンのコンロを彩ることで、⽇々の調理⽣活が楽しくなると考えた。模様には、⽇本の伝統⽂様で彩られた和柄の五徳や、北欧のテキスタイルのような欧風の五徳をデザインした。

この彩五徳は、備え付けの通常の五徳の上に載せることで使⽤する。それにより今まで不安定な状態で置いていたコーヒーポットなどの鍋底の⼩さい調理器具を、安定して使⽤することができる。また五徳としてだけでなく鍋敷きとしても使⽤でき、調理前・調理中・調理後の3つの場⾯で暮らしを彩ることができる。

耐熱セラミックを使⽤することで、温度差で割れる⼼配なく調理することができる。さらにセラミックの保温効果により、⽕を⽌めた後も冷めにくく余熱効果が持続する。セラミックを使用することで、鮮やかな釉薬で色付けすることができ、生活を鮮やかに彩る。

拡大

三島 大世 Taisei Mishima

  • 1992年生まれ
  • プロダクトデザイナー / フリーランス
  • TAISEI MISHIMA DESIGN
  • University for the Creative Arts, BA(Hons) Product Design
  • 東京都