第1回CLDA受賞作品

入選

tra fra

セラミック独特の繊細さを活かし、ペンダントライトをデザインしました。

セラミックの厚さをコントロールすることにより柔らかなグラデーションの光を放ちます。

消灯時も美しいフォルムが空間のアクセントになると共に、日中も室内の明るさによって様々な表情を見せ、ダイニング・カフェ・レストランなど様々なシーンの空間を演出します。

木製の上部を開けソケットをずらすことで、電球交換などのメンテナンスも簡単に行えます。

また、不均一なセラミックの厚さを成形する新しい成形方法を提案します。

成形型の石膏の厚みを変化させ、石膏型の厚い箇所と薄い箇所の吸水率の差で着肉に差が生まれ、肉厚をコントロールすることができます。

タイトルの“tra fra”はどちらもイタリア語で「間」という意味で、セラミック、光、空間の全て「間」を大切にしたいという思いから名付けたものです。

拡大

川内 隼人 Hayato Kawauchi

  • 1988年生まれ
  • デザイナー
  • 武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科 木工コース卒業
  • 北海道